ここ最近の流れの中、みなさん変容している様子を感じます。

自覚あるなし、大小はあれど、今は何かしらの変化変容が起こっています。

 

こういう変化変容の時よくあるのが『自分らしさの書き換え』だと思います。

人は自分らしいことを何となく考えながら生きていますし、自己イメージを持っています。

私ってこうだよね、私っていつもこうする、みたいな感じでしょうか。

 

この自己イメージって、本質的なものとは違う事もあります。

ちょっと違う…ならまだいいのですが、真逆だった!なんてこともざらにあって

自分の本当のところに触れて、私ってそうだったんだ!と、自分でびっくりされることはよくあります。

 

人は、自分の感覚で良いや悪いを決めているものです。

社会的に良いとか、常識的にとか、多数の人がそう思っているようなものってあると思いますが

それすらも本当のところは分からないものです。

そういうところに振り回されないようにしたいものです。

 

トラブルや問題、悩みって、自分が良い悪いのどちらかに偏っている時に起こります。

そういうことが起こった時、その裏側には自分の『こうしたい』が存在しているはずです。

良い悪いで判断する思考が強いと、『こうしたい』が見えてこないので、『こうしたい』を掘り起こすための出来事が起こってきます。

何より大切なのは『良いか悪いか』というジャッジメントではなく、『こうしたい』という心の底にある想いなので。。

 

主婦、お母さん、フルの仕事を全部こなして、自分はものすごく働き者だ

それが何より楽しいんだ、私はこうなんだ!

と自分で思い込んで生きていた方が自分らしさを突き詰めていくと、本当は家で主婦業だけしたかったんだ~

なんて本音が出てくるのはよくあることです。

その逆も然り。

 

 

男性だって、自分は仕事第一、出世欲ばりばりで、休日返上で飛び回るのが生きがいだと思っていたけれど

本当は何よりも家族の時間を熱望していた、のんびり大好きっこだった~なんて。

こちらも、逆も然りです。

 

 

人間とは本当に不思議ですよね。

これね、どっちがいいとか悪いとかじゃないのだけど、無意識にどっちが良い悪いで考えているところがあったんでしょうね。

こうしなくちゃいけないとか、こうする方がいいとか。

でも本当はどっちも悪くないし、どっちでもやりたいような生き方をしていいのですからね。

 

今はそういうことが見えてきやすい時期なので、本来の責任範囲を超えたものなど、可能ならば手放せると楽になると思います。

社会に生きているので可能な範囲で構わないと思いますが

そういうことは本音に従う方が意外とすんなりいったりすることもあります。

ほんとに意外と嫌われないし、何も怖い事起こらないものなんですよね。

 

誰しもお金は好きだし、豊かな暮らしという響きはとても素敵に思うと思います。

色々と手に入ればどれだけいいのだろうか、と考えることも時にはあるだろうと思うのです。

ただ、色んな方と接する中で、人間の本当の望みって

栄光や地位や名誉、物質的なところとは違う場所にあるものなのだと、つくづく感じます。

『豊かな暮らし』とは、それぞれの定義であるものだし、表面的なものでは決してないのだと思います。

 

自分の豊かな暮らしは、自分らしさを突き詰めていくことから始まると、私は思います。