最近、よく気を付けていることがあります。

リラックス時の言葉

リラックスしている時なので、神経を使うまで必死なわけではありませんが

ちょっとの気遣いで周りの人の気分は変わるものなので、そういうちょっとした心がけ、、というのでしょうか。

 

言葉で何かを伝えるお仕事をさせてもらっているので、お仕事での言葉は細心の注意を払っているつもりですが

家で気が緩んだ時に、家族に対してちょっといらんこと言っちゃったかも~…なんてことはありますし

言葉のチョイスが自分的には微妙なこともあります。

そう、人は完ぺきではないので、完ぺきにはいきませんし

そういうやらかしも含めて家族なのでしょうけれど、小さな気遣いの影響が大きいのも、家族だと思うのです。

 

言わなくてもいいことって、言わなくていいんですよね、ほんと。

言わなくても、なんの支障もなく進むことの方が多いな、と。

伝えることももちろん大切なことなのですが、あえて言わないでいることも、身近だからこそ大事な時だってあります。

口数が多めな時、エゴエゴしい言葉な確率高い。

自分の要求優先だったり、自分への理解優先になっていたり、コントロールが含まれている。

 

相手の自由を尊重することが出来ているかどうかって口数が多いほどそうではなくて

自由を尊重出来ている時は、そこはとても静かな空間だったりします。

何か言いたくなった時に、自分がどういうつもりで言葉を出しているのか

一歩引いて一旦は考えてみるということは、とても大事なことなんじゃないかなぁと思うのです。

言葉を大切にするとは、そういうこともあるのではないかと思っています。

 

我慢するわけではなく、余分、余計をやめるということなんですよね。

言葉数は、今までの六分目くらいでいだろうと思っています(^^)/笑

 

量より質。

コミュニケーションや人と人のつながりで大切なことって、言葉の数ではないと思いますので

じっくり考えたうえで、想いのこもった丁寧な言葉を表現していくこと日々精進です。

 

もちろん、私は完ぺきではありませんし、完ぺきを求めることもありません。

小さな心掛け。それは完ぺきを求めるではなく、その時に自分なりの最善を尽くそうとしているということ。

ただそれだけでも、お互いの気持ちのいい空間は創っていけるのだと思っています。

 

いつもありがとうございます。