みなさんそれぞれ、好きなもの、嫌いなものがあると思います。
好きなものは好きでよいと思うのですが、嫌いなものに対しては色々と不都合があるかもしれませんね。

 

あー、あれね、嫌いだわー。と潔く言えるならばいいのですが
なんだかちょっと『嫌い』に対して抵抗感を持ってしまったり、自分を責めてしまうようなこともあるかと思います。

そういう時は

好きになれない自分をゆるしてあげる

 

自分と他人の感覚は違うので、他人の五感で良いものでも自分の五感が満足しなければ、それは自分には必要ないのだと思うのです。

 

五感は他人と同じもので満足出来るものではないとても繊細なもの
そういう自分に抵抗を持たずにゆるしてあげることで、自分自身が尊重されますので、変に受け入れてその場をしのぐよりも、今も未来も心地よくいられると思います。

あるいは『自分をどうしても好きになれないと言うこともあると思うのですが、そういう時も『自分を好きになれない自分をゆるしてあげる』といいなぁと思います。

自分を好きになろう、自分を大切にしよう、ということは
最近ではマストになってはいますが、その感覚がしっかりと分かるまではとても時間がかかります。

自分を好きになる、自分を大切にする!と決めたからと言って、今日から即出来るものではないでしょうし、順調に出来たとしても気が付くと、自分を粗末にしてしまっていた…なんてこともあるのです。
そしてまた、自分を労わる決意をする。

そうやって成長しながら、自己愛を強化していくのだと思います。

 

こういうことか・・・と腑に落ちるまでの時間、なんで自分を好きになれないのだろう…と落ち込んでしまうよりも

『自分のこと、やっぱり好きになれないけれど、でもそんな自分もゆるしてあげよう』

『好きになれない自分をゆるすことが出来ない気もするけど、そんな自分もゆるした、、、ことに今はとりあえずしておこう』

と時間をかけて見守っている方が、自分に優しいことだと思います。

 

かくいう私も高校時代、友人たちがブランド品ゲットに必死になる中、心理学の本ゲットに必死になり、ブランドに興味をみじんも持てなかった私は

今思うとどこに悩みどころがあるのか自分で理解出来ないのですが、多感なお年頃ですから随分と悩んだのです。

周りと同じでない自分を受け入れ、そういう自分を愛せるようになったのは、そこそこ年を食ってからだったように思います。

 

今日もありがとうございます。
今日も優しい1日が訪れますように…