プールはおすすめ、特にアラフォー

昨日、長らく行けていなかったジムのプールへ行けたのですが、最近痛かった肩が随分と楽になりました。肩こりや身体の強張りから来たものらしいですが、四十肩みたいなものです。

若いころから、疲れがピークになると肩や鎖骨が痛くなることはあったのですが、今回何をしてもなかなか治らなくて、それはきっと老いでしょう。

 

プールでハードに泳ぐわけではなく、主にはただ歩いているだけです。たまにぽよぽよ~っと泳いでみるのですが、そんなに体力もないので、すぐに休憩します(笑)

基本、高齢のおじいちゃんやおばあちゃんたちとゆっくり一緒に歩いています。

肩も楽になったし、身体も楽です。血流って本当に大事だなぁと思います。

 

老いは突然

ここ1~2年、昔とは違うなぁ・・前のようにはいかなくなったなぁと思う事が増え、それは良くも悪くも、、なのですよ。

良く言えば、無理をしなくなりました。

悪く言えば、ハードなことに耐えられなくなって、ゆるゆる生活になりました。しかしそれは良いとも言えますよね。

昔のようにはいかなくなった・・それは老いたからです。

私が鑑定の中から肌で感じることなので医学的根拠があるとかそういうものではないですし一概には言えることではありませんが

我慢強い人は、この老いの感覚がどっと強く来るような気がします。更年期なんかも、神経質だったり、頑固に生きてきた人に強く出ているような感じがします。

いわゆる『固定概念』が強くある人。

こうするべき、こうしなければならない、とか、あれは嫌だ、これは受け入れられないとか、人に対してアレルギーを感じやすい人は、ある時不調が強く出ている様子を感じます。

 

ある種、ゆるい人って、年齢相応な辛さはあれど、原因が分からないどうしようもないような不調がゆるい感じがするのです。

 

老いる感覚、それは生き方を変えていくサイン

ある時に来る老いの感覚。不調や出来事、環境、感覚、考え。そういうものにふと気が付いた時
それは『今までの生き方を変える時』だと私は思っています。

 

もう、ゆるく生きようよ、無理はしないで生きようよ。もう、徹底的に自分に優しく生きる時が来たんだよ。

 

老いは悪いものではないですし、もちろん悲しむものでもないと思うのです。

それに、老いに抵抗するのは、ここまで生きてきた自分への冒涜にも思えます。

自然に訪れるとは言え、身体が痛み、きしむほど、しわが増え白髪が増え、ぜい肉も増やし、心の経験を積んで耐性を増やし、そうして年輪的なものがしっかりと刻まれながら、自分の命を使って頑張ってきたわけです。

 

老いを受け入れることで、自分に優しくなれる

老いと共に心身と相談しながら生きる事で、自分のペースに合わせて生きてあげられると思うのです。

年を取ったからって諦めなくてもいいし、出来ないなんて思わなくていい、とは言いますが、若い頃しか出来ないことって間違いなくあります。

そんなきれいごとで、身体は動きません。心は動いても、私の重いお尻は思うように動いてはくれません。

しかし、年を取らないと出来ないことも間違いなくある

 

老いたからこそ出来ることもある

年を重ねることは、身動きは取りにくくなる気がします


例えば子育てが終わったと思えば親の介護問題もやってきますし、それがひと段落つけば、自分の身体がきつくなってくるでしょう。

少しでも動けるようにはしておきたいところですが、そうやって動きにくくなるからこそ、その中で豊かさを見つける力が強くなると思うのです。

 

自分で動いて見つけ出す幸せもあります。しかしただ受け取り、見つけるだけの幸せなんかもごろごろあります。

老いを感じると、それに気づかされることが多いと思うのです。

 

老いて自分に優しく、老いて静の幸せを見つけ、老いては子に従いながら、身の程の豊かさで生きる。

 

エイジングにアンチスタンスでいては、そういうことに気が付けない。
カモンエイジングです。

 

私にとっての老いとは、若い頃に人に合わせ、周りの空気を読み、自分を抑えながら生きてきた人がそういう1つの時代を終わらせ、自分に優しい人生を創造しなおしていくという時代の新しい始まりだと思っています。

 

自分に優しい人生なんて、楽しいじゃないですか。
年を取るのも悪くはない。そういうところに気が付けたならば、とても豊かな人生として生きられると思っています。これからまた、どんな年の取り方をしていくのか自分で楽しみです。でも正直、まだ肩は痛いし疲れは取れにくいですし、どうなるか全然予想はつきませんが。

 

 

 

 

 

※いつもありがとうございます。12月31日から1月4日までお休みをいただきます^^ご依頼はいつでも送ってくださってかまいません。1月5日より順にお返しさせていただきます。

いつもはあまり休まないのですが、今年は働き方改革として、老いと共にお仕事とプライベートを進めていこうと思っています。
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします^^