今年は9連休になる方もいらっしゃるのですよね。

私はいつもと違う生活であるイベントなどから、いつもと同じ生活に戻った時にかなりホッとし

ます。
GWが明けて、お盆が明けて、お正月が明けて、1人になった瞬間に、なんとも言えない安堵感…を感じます。

何が嫌とかはないので、ただいつも通りの静かな暮らしが好きなのですね、私。

そういう人間だと気が付いたのは、結構大人になってからです。

 

そういう私が、とてもアクティブな人に合わせて生きてしまうと、とても疲れてしまうでしょう。

私自身、アクティブさがないのかと言えばそうではなく、頑張れば合わせる事は出来ます。

しかしそれは、出来ることであっても、日頃ありたい在り方ではなく、『無理をしている』状態ですから心穏やかではありません。

 

何か行動するペースにしても、私はスピーディーに出来はしますが、基本的にゆっくり行動します。

早く動ける人間が、のんびり屋さんに合わせればいいと思っているからです。

 

のんびり屋さんが頑張ってスピーディーに動くよりも、スピーディーな人がのんびりさんに合わせる方が、消耗するエネルギーは少ないのではないかと思います。

アクセルを踏んで加速するよりも、ブレーキを踏んで速度を落とす方が、負担もかからないと思うのです。

 

人生って急いでも、マイペースでも、結果はそれほど変わらないのです。

急ぐという行為は、運命を捻じ曲げていることにもつながります。

ですから時に、足止めを食らうこともありますので、起こってくることを受け入れていくような生き方の方が困難は少ない。

運命の帳尻合わせ、みたいなものですね。

だったらのんびりペースで、一歩一歩踏みしめながら生きていく方が味わいも深いなぁと思います。人と調和も取れますしね。

 

昔は人に合わせ過ぎて、何かに追われるようにやらなきゃやらなきゃで、勝手にせっかちになってイライラしたりもしたことがありましたが、超絶のんびり屋の娘から、色々学びました。

物事1つに対して、順調におさまるべきところにおさまるのは、自分のペースを守り、着実に進めていく事が出来た人だと感じます。

 

自分を、未来を信頼し、起こることにゆったり構えていられる余裕を持っていたいと思っています。

日頃、少しゆっくりめに歩くと、生き方もゆっくりでいられるような気がします。