おはようございます。

今朝、車のエンジンをかけた時、ゆずのえいこうの架橋がラジオから流れてきました。

いい歌ですよね♪

 

きっとね、あの歌を聴いて、胸がぎゅっとならない方はいないんじゃないかって

勝手な妄想で思っちゃうくらい、大好きな歌です。

 

 

毎日、頑張っていない人はいない。

平穏で、平和で、何もない毎日は理想だけど

どれだけ何をしたって、そうばかりではいられない。

 

幸せで、素敵なことを選びながら生きている。

だけど、起こることは起こってくるし

出会ってしまうというような、避けられぬ出会いだって在る。

 

それは何をどうしたって、宿命としか言いようがないものだと思います。

 

歌の一節にある

『決して平らな道ではなかった』

 

 

平らな道の方が、人生には少ないのかもしれませんね。

決して平らではない道の中で、どう在って、どう生きるか。

 

避けられるでこぼこは遠慮なく避ければ良いけれど

避けられないでこぼこをどんな風に歩いて行くのか‥

 

これは自分だけの努力で何とかなるものだと思えません。

たくさんのことが積み重なって、織りなして、紡ぎだして…

それは、1人では成し得ないことだな、と常々思います。

 

もちろん、出会いは様々で

良くも悪くも、と出ることもある。

 

だけど、そのすべてが自分を創っているし

すべてが私を導いているのだなと、そう思っています。

 

 

本当に、すべてが。

 

 

 

 

過去は、後悔と繋がりやすく

未来は不安と繋がりやすい。

そして今と、離れていく。

 

『今を生きる』とはとても大切なことです。

でも過去も、未来も、本当に大切なものです。

 

だから、

 

過去を見て、成長の確認をし

未来を見て、可能性を楽しむ。

そして今の幸せを味わう。

 

私たちはそう在ると、とてもHappyで生きられるな‥と思っています。

 

 

誰にも見せない涙があった。

人知れず流した涙があった。

けれど確かに歩んできた道だ。

 

 

自信が持てる過去を持っている人の方が少なくて

やっぱり自分のやってきたことに悔いてしまうことも多いと思うのです

 

だけど、こけて、すりむいて、涙して、這って、また立ち上がってきたから

今日、ここにいることができている。

 

今、自分の過去を思い返しても、恥ずかしくなる過去がたくさんある。

後悔もたくさんある。

 

だけど、全部、その時その時に一生懸命に歩いてきた道なんですよね。

恥ずかしいなんて言っちゃ、頑張ってきた自分にあまりに失礼ですよね。

 

 

本当に誰しも、どんな過去も素晴らしいものだと思います。

そして今も素晴らしく、だから未来も必ず輝く。

 

そのすべてが栄光の架橋なんだな~って

聴きながら運転していました(*´▽`*)笑