強みというのは誰にでもある。

ない人はいない。

 

そういうものは、占いで言うと

数秘術だったり、ホロスコープ、四柱推命などの命術で見られる。

 

でも、いざそういうツールで導き出してみても

納得いかない事もあって

それは、魂のままに生きられていないからだったりします。

 

命術で出てくるものは

その人がこの世に持ってきた色んなもの。

 

例えば才能。例えば使命。例えば気質。

そして強み。

 

 

そういうものは、神様からすべて

地図や取説として与えられている。

 

それが占いであり、命術。

 

これを信じる信じないで分けてしまうのはどうにも惜しい。

実際、私もこの世界に入る前は

そんなものだったけれど

 

いざ導かれるままにやっていくと

なんで今までこんなにも有効なものを

疑っていたのだろう・・・と後悔までもしたのだ。

 

占いは当たるとか、当たらないとか

そういう世界ではなく

人生の攻略本なのだ。と知った。

 

神様って粋だよね。

幸せに生きるためには【信じる力】がものすごく大事。

 

でも、信じる力がしっかりと備わっていることは、精神性とリンクしていると思う。

 

疑って、斜めから見て、批判して、非難して、バッシングして、粗が見えれば叩き潰す。

そういう社会の一面もある。

 

全ての人が自分を信じてさえいれば

信じる事が出来たなら

非難批判などは起こらないだろう。

 

非難や批判をSNSなどでしてしまうような人は、決して人間性が高いとは言い難い。

そういう人には占い攻略本は使えないようになってる。

自己を顧みて、しっかりと自分の人生に責任を持ち

誰のせいにするわけでもなく、自分の足で歩いて行ける人だけが

占い攻略本を手にすることが出来るのだと私は思う。

というか、解読できるのだろうな。

 

 

占いを解読するのは占い師の役割だが

それを受け取るのは、その人で

 

受け取られなかったメッセージは

ただただ宙に浮く。

 

それはそれでいいのだけど

なんともったいないのだろう、と思う事もある占い師の本音。

 

やるだけは、やってみればいいのにな。

占い師も人間だから

個人的にはただ、そう思う。

 

 

でも、しっかりと自分のものにしていこうと捉え、学び、人生を進めていく人は

 

占い結果をうまく使いこなし

攻略本を最大限に活用していて

攻略本は答えやヒントが

出し惜しみなく書かれてるから

あっという間に、幸せになる。

 

 

お金を手にする事もあるし

恋人が現れたり

子どもが授かったり

結婚出来たり

起業したり。

 

 

それぞれの幸せだけど

それを手に入れたのは

決して占い師の力ではなく

 

その人が占い攻略本を活用出来て

それが出来る人間になろうと努力した恩恵なのだ。

 

ただ自分の歩いてきた人生の無意味さに辟易していた私が

 

カウンセラーになり、占い師になり

占いの店で予約満了占い師になり

占いの事務所にスカウトされ

執筆や講座などで、充実させられてるのは

占いを使ったおかげなんだ。

 

私なんて、ロジカルすぎて

目に見えない世界なんて嫌いだったのに(笑)

 

 

 

依存でもない、現実逃避でもない。

現実を生きるために、占いを使ったら

私だけでなく、私の周りも幸せになった。

 

たくさんの人に使ってもらって

たくさんの人に幸せになって欲しいと思う(*^-^*)