毎日同じ生活の繰り返し。
それは退屈を感じるかもしれない。

良い事ないかな、刺激はないかな。そう思うこともあるかもしれない。
だけど、私自身、結構いい歳になってきて心から思うこと。

 

何もない日々の愛おしさ。
良い事なんて、刺激なんて、ただ一瞬ワクっとするだけのことだった。

 

うん、良い事あったら嬉しい。
心地いいことやわくわくすること、楽しいことは丁寧に、これからも自分に与えていくつもり。

 

だけど、最悪も何度も感じてきた。最悪最低だって思った。
もう死んだ方がましだな、一息にやってくれ。そのほうが楽だしな。
そう思ったことも何度もあった。
だから、だからこそ思う。

 

何も起こらない退屈な日々がどれだけ貴重なのかということ。

 

ただ、繰り返す日々と思うと、繰り返す日々なだけ。
だけど、日々を繰り返せていると思えた時、心から救われた。
日々をただ繰り返しているのではなく、日々を繰り返すことが出来ているのだもの。

 

生きてる。繰り返しは生きているってこと。

 

最悪だと思った時、夜が明けて、その最悪が少しましになっていたら
あぁ、、、もう何もいらない、、、これだけでありがたい‥そう思った。
もう二度とでかい夢なんて見ない。ただ平穏に日々を過ごせるだけでいい。
だからお願い、このまま平穏な日々を…あぁ神様…なーんて思ったんだよね。

 

ただ人は、喉元過ぎれば熱さを忘れるもの。
だけどこれだけは忘れたくない。平穏な日々はただ繰り返しているのではなく、繰り返すことが出来ているんだって忘れないでいられるなら、最悪の出来事たちも決して悪くはなかった。

いや、もう二度とごめんだけど。(笑)

 

自分のことで色んなことが起こった時よりも、自分の大切な人に何かがあった時に深くそう思った。

今、私は何も望んでいない。ただ、日々起こることに全力を尽くすだけ。ただこうしたいなっていう小さな心の向く方向があるだけ。
それは諦めでも、投げやりでもなく、とても前向きな受け入れる気持ち。

 

ただただ過ぎていく時間を、穏やかな気持ちで眺められることがどれだけ幸せなことなのかを、一番感じていたいと思ってる。

 

理想や夢はとても素晴らしいもの。
この先私にも、素敵な理想や夢が出てくるかもしれない。
でもその時もきっと、今の穏やかな時間がただ流れていく感覚を忘れはしないだろうと思う。

 

大きな夢や理想を追えば、その反対側のものも入ってくるのが真理。
それも含めて受け取るつもりでいなければ、夢は叶わない。

 

何を選んでも自分の選択。自由。
私は今、目の前の幸せを選択したい。
とてもとても穏やかな幸せが、私を心から満たす。

 

これに気付くことがどれだけ大切なのかを、たくさんのものに、つくづく…教えられた。
きっと、これに気付けば、どんな夢も叶うのだろうと思うのです。
でも、叶うものは叶うし、叶わないものは叶わない。それでも私は幸せなのです。それでもあなたは幸せなのです。

 

大切なものはいつも、普遍で不変の原理なのですよね。