突然、何もないのにもやもやしたり

不安になったり、悲しくなったり

 

胸の辺りにそういった感覚を

感じる事はないでしょうか。

 

 

その正体は

 

 

 

過去に浄化されなかった感情です。

 

 

どういうことかと言うと

例えば過去に悲しい経験をしたとします。

 

その時、悲しい!とわぁわぁ泣いて

『悲しい』をさんざん味わっていればよいのですが

 

悲しいと思わないようにしよう。

こんなの悲しくなんてないよ。

早く忘れよう。

 

その時に出てきていた『悲しい』の感情を

表に出されず、感じてあげられてないと

 

残った感情は胸の辺りにある潜在意識という部分に

押し込められて、ふたをして、鍵をかけてそこに封印されます。

 

 

 

自分では忘れたと思っても

感情はそこにまだ存在しているので

何かの拍子に、ふわふわっと上がってくるのです。

 

それが、もやもやや不安の正体です。

 

 

 

これは、とても不快ですし

それがあると、同じような『悲しい』と感じる出来事を

また経験しようと、人は無意識に行動します。

 

 

パートナーと幸せな時間を過ごしているのに

なぜか、もやもやいらいらして

その時間を壊すようなことをしてしまっていたり

また同じこと言っちゃった…

何もないのにまた嫉妬を表出してしまった…

 

そういう自己嫌悪や自責、

罪悪感を感じるような事をしてしまう時

その可能性がとても高いです。

 

せっかく幸せな環境なのに

自分で壊してしまっている事があるので

もったいないですよね。

 

 

 

それをやめるためには

『感情の解放』をしなくてはなりません。

 

 

やり方は

その時に出てくる感覚を

そのままなにもせず、ただ感じる

 

それだけです。

何度も何度も

感じて感じて感じ尽くすことです。

 

 

それらは、過去に感じて欲しかった感情です。

しかし、それらを感じられない事情や環境、意識があって

感じられないまま封印され

 

でも、感情は感じてもらってなんぼなので

あなたに感じてもらうためにいつもサインを出して

あなたが気が付くことを待っていたのです。

 

 

 

感情ってすごく大事なんです。

私たちを、幸せに導いてくれるナビの役割もしてくれます。

 

 

例えば何か迷った時に

どちらがいいかな

やった方が良いか

やめといた方がいいか

などを、自分に聴いてあげれば答えを教えてくれます。

 

 

だけど、過去の感情が残っていると

自分がどう生きたいのか、どう進めばいいのかという

ナビが正しく作動しないのです。

 

 

悲しい、寂しい、辛い、苦しい、不安、などの

ネガティブな感情は

感じたくないし、感じてはいけないと思う方もいますが

 

すべての感情の中で

必要のない感情は何1つないですし

すべてが大切な感情なんです。

 

すべて在ってこその私で

すべて在ってこそのあなたなのです。

 

 

すべては自然のままに、心のままに。

ありのままのあなたの感情を

感じながら、流してあげて下さいね。