人の悩みはなくなりません。

不安や心配も0になる事はないのです。

 

1つ解消したと思えば

また1つ見つけてくる。

 

それが人間です。

 

 

悩んでいる最中は

どうしたものか。どうにかならないのか。

行くか、行かざるべきか。

のるか、そるか。続けるか、やめるべきか。

 

など、行ったり来たりをしてしまうけど

どこに向かっても

前に歩いていくしかありません。

 

悩みを解消しよう、悩みから抜け出そう。

と頑張れば頑張るほど

 

『悩みがある場所』から抜けられません

 

 

しかし、

 

悩みと共に歩いていこう。

と肩の力を抜いておくと

『悩みはあるけれど、前に進める』のです。

 

 

悩みは、解消すべき時に

解消するものです

 

 

自分の力で何とかする悩みももちろんあるけれど

それならば必ず、神様からのメッセージが来ます。

 

しかし、じっと静観する事で

解消する悩みの方が、実は多くて

 

そこでじたばたしてしまうと

余計に悩みを深めてしまう。

 

 

悩みも私の一部であって

悩みと共に歩いてやろう。

 

それくらいの度量で生きていると

悩みはそれほど大きく感じなくなったりします。

 

 

もったいないのは

悩みがある事ではなく

悩みに翻弄されてしまうこと

 

 

 

悩みとどう向き合い、付き合っていくかが大切で

 

解消出来るかどうか

どう解消していくかよりも

 

そっちの方を神様は知って欲しいのだと思います。

 

 

そして、

 

悩みを解消する事に

エネルギーを注ぐことよりも

 

悩みと今、自分がどう向き合い、付き合っていくか

を、考える方が

 

楽に生きられる事を

ずっと私たちは知らなかったのです