『自由』は尊重したいものです。でも、その自由の中のバランスはとても大事だなぁと思います。

 

自分本位な自由では、誰かが犠牲になる。犠牲が存在する場では厳しさが生まれています。
厳しさは何も生みません。

自由の中にはメリハリが必要だと思います。
ただ勝手気ままに好きなようにするのが自由なのではなくて

自分がこなすべきことをこなす中で、それぞれが尊重され、自由に泳いでいる。

自由には責任が伴いますが
それは従来の『誰かが犠牲になる責任』だとか『人が苦しむ重圧』ではなく、みなそれぞれが苦しむことなく、幸せでいられるように持っておくもの。

誰かの責任を負う事はないし、自分の責任を誰かに押し付けるでもない。
自分の人生の責任を自分で持つことは、自分を自由にすることでもある。

それぞれの課題を分けて考えられることは、それぞれが自分の人生を生きる責任でもあるのだと私は思います。

人との調和や秩序は大切だと思います。
でもそれが第一前提になりすぎると、自分の心を二の次にしてしまいやすくもある。

何かしらの出来事から出てきた自分の想いと価値観をまずは尊重してあげて、そこからどうしていくかを考えていくのが本当の調和と秩序を守るということなのだと私は思っています。

 

もちろん、すべてをフラットに考えることが出来れば言うことはありませんが、それが出来れば悩まないもの。
はい、悩みませんよね・・私も然り(;・∀・)笑

 

その人が、調和や秩序寄りに考えてしまうタイプならば、自分の心をもっともっと聴く必要があるでしょうし、自分の考えのままに動き過ぎてしまうタイプならば、調和や秩序に視点を置く必要があると思います。

これは思考で判断するところですよね。

思考と心の声のバランスは、現実社会を生きる私たちには重要なことなのだろうと思います。なので思考は決して悪者ではないのですよね。

 

どちらにしても、自分の心を殺してまで守らなければならぬものは何もないと思いますので、心の中にある自分の想いを押しつぶしてしまわないように大切に守ってあげて欲しいと思います。