エネルギーは意識して生きると楽だと思います。

ここのところ、エネルギーネタをよく書いているのですが
私自身がこの仕事をするまで
エネルギーを人一倍感じる体質なのに
エネルギーに人一倍、鈍感な生き方をしていたから
疲弊しながら生きてたんですよね。

疲れやすい、と感じる方は
人のエネルギーをもらってしまっているかもしれません。

無意識で生きていると
身体全体でエネルギーを放出していることがあるので
それを絞ってあげると入りにくくなってきます。

身体全体から放出するということは
身体全体でエネルギーを受けている、ということ。
色んな人と関わるということは
色んな人のエネルギーを受けている、ということ。
色んなSNSをするということは
それだけ目にする情報が多く、様々な言葉のエネルギーを受けているということ。

人といて疲れると感じる人はとても多く
色んなことを敏感に察知してしまう。

私は職業病みたいなところもあるけれど
だから仕事が出来てるってところもあるから
それは特異なものとして扱うのではなく、個性や長所として大切にしている。

それもただ、それぞれの感じ方。
だけどそういう傾向が強いと感じるならば
プロテクションだけはしっかりやってあげないといけないと思います。

私が心がけて楽になったこと、そして今もやっている事なのですが

人と会う時は、相手が誰でもエネルギーをお腹の辺りに収縮させておく。 (イメージで構いません。)
関わる人を厳選する。 (お仕事などではなかなか難しいですが、プライベートなどで絞れるところは絞っておくという意識でいいと思います。)
SNSを絞る。 (発信の間口は広ければいいというものではないです。間口を広げればたくさんの方に見てはもらえますが、その前に脳が情報疲れを起こし長続きしない。たくさんのSNSツールを使いたい方は主なものを1つ2つ決め、その他のツールでは投稿、発信のみで他者の投稿は見ない、などの工夫をする事で随分と楽です。)

人は自分のエネルギーの境界が曖昧なまま、他者の介入を許していたりします。

自分のエネルギーの境界線を自分ではっきりさせておくことは
円滑な人間関係を築くための最優先事項でもあると思うのです。

それは、相手を信頼していないとか水臭いとか、他者が悪いとか
そういう事ではありません。

エネルギーは目にみえないので
知らぬ間に影響し合ってしまうのです、良くも、悪くも。
誰に悪気がなくても。

介入を許すということは
依存的なエネルギーとして双方を包むため
不快感を伴ったり、トラブルに繋がりやすくもなる気がします。

境界がはっきりしていると
自立のエネルギーが強くなるため
疲れにくいし、余計なトラブルも避けられます。

家族の方が境界線に介入しやすいので
プロテクションは特に大事だと思います。

これからの時代の流れで
お互いに寄りかかりのカオスエネルギーにはSTOP!がかかると思うので
自分を守る術を自分で身につける事はとても大切なことだと思っています。

そうすることは、自分を守ることとなり
自然と相手のためになっているなぁと思うのです。